歌詞考察・解釈・意味

米津玄師『Pale Blue』の歌詞の意味や解釈を考察!ドラマ『リコカツ』主題歌でラブソング!

 

この記事では、米津玄師Pale Blue』の歌詞の意味や解釈を考察していきます!

曲情報

・タイトル:『Pale Blue』

・作詞作曲:米津玄師

・リリース:2021年6月16日

・レーベル:SME Records

 

まるねちゃん
まるねちゃん
曲の出だしが独特で印象的だなー。
マーキュリー
マーキュリー
米津さんが手掛けたドラマの主題歌はこれで4曲目だよ。

それでは早速、見ていきましょう!

 

米津玄師『Pale Blue』の歌詞の意味や解釈を考察

ずっと 恋をしていた

これでさよなら あなたのことが 何よりも大切でした
望み通りの終わりじゃなかった あなたはどうですか
友達にすら 戻れないから わたし空を見ていました
最後くらいまた春めくような 綺麗なさよならしましょう

それは 水もやらず枯れたエーデルワイス 黒ずみだす耳飾り
こんな つまらない映画などもうおしまい なのに
エンドロールの途中で悲しくなった
ねえ この思いは何

あなたが見据えた未来にわたしもいたい
鼻先が触れるくらいに あなたを見つめたい
張り裂けるほどの痛みを叫びたいのに
わたしあなたに恋をした 花束と一緒に
ずっと 恋をしていた

 

「ずっと 恋をしていた」と過去形で始まることから、恋をしていた2人の別れのシーンが浮かびます。

また、相手を思うが故に自分の気持ちを押し殺して、それが相手の幸せだと信じて疑わない様子もうかがえますね。

自分の中にある愛情から目を背けることができず、自分が身を引くことが相手の幸せであるという思いと、相手と共に幸せになりたいという相反する思いの葛藤に苦しむ感情が表れています。

「あなたのことが何より大切でした」の部分から、ずっと互いのことを大事に思ってきた関係性が見えますが、その後「あなたはどうですか」と、切なく相手に問いかけており、主人公のナイーブな心の内が強く表現されているように思います。

そして「望み通りの終わりではなかった」の歌詞から、2人で過ごした時間に対する後悔や悲しみが滲み出ています。

「友達にすら 戻れないから」2人はどんな関係になってしまったのか。

それほど嫌いになったのか?

それともまだ本当は好きなのか?

友達に戻れぬほど痛みが残っているのか?

色々と関係が続く努力をしてきたけれど、もう修復不可能なのでしょうね。

「綺麗なさよならに」の歌詞から、せめて最後は軽やかに未来に向けてお別れしましょうと、この先2人が幸せに生きていけるように…との願いが感じられます。

 

「水もやらず枯れたエーデルワイス」の部分から、2人が関係性を育ててこなかったような印象を受けます。

少なくとも片方が望んだ関係ではなくなってしまったということでしょう。

 

「わたしあなたと恋をした 花束と一緒に」という歌詞から、言葉を発することがないながらも存在から相手を癒し、幸せな気持ちにさせることができる花を自分に置き換えて表現していることに切なさを感じさせます

また、「ずっと恋をしていた」という歌詞に、一方通行な感情を感じ、相手と共に幸せを歩むことを諦めなければならないという悲しさが表れているように思いました。

 

 

晴れた日の朝 あなたのことが どこまでも大切でした
言えないでいた言葉交わし合った 笑えるくらい穏やかに

それは 酷く丈のずれたオートクチュール 解れていくボタンの穴
こんな ちぐはぐな舞台はもう締めたい なのに
エピローグの台詞が言えなくなった
ねえ あなたを見つめていた

どれだけ生まれ変わろうとも 意味がないくらい
どこか導かれるように あなたと出会いたい
今更言いたいことなんて 一つもないのに
わたしあなたに恋をした 苦しさと一緒に
ずっと

 

「晴れた日の朝」「笑えるくらい穏やかに」の部分から、2人で過ごした日々の中には、温かく楽しい時間もあったということが分かります。

 

しかし、それもいつしか「ちぐはぐ」に感じられるようになった。

もうダメだな…と感じても、なかなか正直な思いを言い出せず、そんな思いを胸に「あなたを見つめていたのよ」と。

お互いが幸せでいるために思いを隠していたのでしょうか?

また、相手の気持ちが見えないことで、自分の気持ちすら見えずに揺らいでしまっていることを感じさせます。

穏やかであればあるほど幸せに疑問を感じる様子と、叶わない幸せに諦めすら感じる中で、「エピローグの台詞が言えなくなった」という歌詞から、相手優先で入り込めなかった感情よりも自分の愛情が上回った様子が感じとれます。

 

「どれだけ生まれ変わろうとも あなたと出会いたい」の部分から、気持ちのすれ違いや苦しさがあったとしても、やはり相手への想いはなかなか断ち切れないというのが分かりますね。

 

あなたの腕 その胸の中
強く引き合う引力で
有り触れていたい 淡く青いメロディ
行かないで ここにいて 側で
何も言わないままで
忘れられないくらいに抱きしめて
ずっと ずっと 恋をしている

 

「行かないで ここにいて」という部分で、別れを切り出した相手を何とか引き留めたいという気持ちが見えてきます。

初めて自分の感情を相手にぶつけた瞬間に思え、自分が身を引くことが相手の幸せではないと分かり、本心で相手と通じ合えたのだと感じられます。

「ずっと ずっと 恋をしている」という歌詞に、これからも続く関係性を感じられました。

冒頭の「恋をしていた」という過去形から、「恋をしている」という現在進行系になっている点が大きなポイントですね。

相手の幸せこそが自分自身だったという幸せを感じられます。

 

 

まとめ

歌詞を読むだけで、1つの物語のように男女の心の移り変わりとストーリー性を感じます。

歌詞の意味を考えながら聞くと、切なく美しいメロディーと相まって、より一層楽曲の世界に陶酔することができるでしょう。

 

気になった方は是非チェックしてみてください!

最後までお読み頂き、ありがとうございます(^^)

RELATED POST