歌詞考察・解釈・意味

NHK朝ドラ『おかえりモネ』主題歌!BUMP OF CHICKEN『なないろ』の歌詞の解釈や意味を考察!

 

この記事では、BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)なないろ』の歌詞の意味や解釈を考察します!

曲情報

・タイトル:『なないろ』

・作詞作曲:藤原基央

・リリース:2021年5月18日(配信限定)

・レーベル:TOY’S FACTORY

 

マーキュリー
マーキュリー
楽曲のMVと『おかえりモネ』のオープニング映像の監督が一緒なんだって。
ボブ
ボブ
朝から元気の出る曲だね!!

それでは早速、見ていきましょう!

 

BUMP OF CHICKEN『なないろ』の歌詞の意味や解釈を考察

闇雲にでも信じたよ きちんと前に進んでいるって
よく晴れた朝には時々 一人ぼっちにされちゃうから

ヤジロベエみたいな正しさだ
今この景色の全てが 笑ってくれるわけじゃないけど
それでもいい これは僕の旅

昨夜の雨の事なんか 覚えていないようなお日様を
昨夜出来た水たまりが 映して キラキラ キラキラ
息をしている

高く遠く広すぎる空の下 おはよう 僕は昨日からやってきたよ
失くせない記憶は傘のように 鞄の中で出番を待つ

手探りで今日を歩く今日の僕が あの日見た虹を探すこの道を
疑ってしまう時は 教えるよ
あの時の心の色

 

自分のことを信じて、がむしゃらに頑張っている若者がイメージされます。

そして、過去の記憶を胸に秘めながらも、前へ前へ進もうと努力をしている姿と胸の痛みを表現しているようにも感じます。

将来の“夢”に対する気持ちが表れていますね。

自分の夢に向かって歩んで行く中で、挫折や辛いこともたくさん経験して、その度に自分を奮い立たせているように思います。

ある日胸の中に芽生えた信念。

そこへ向かうにはどうすればよいか分からず、闇雲に進んでみたものの不安でたまりません。

けれど、前に進んでさえいれば、時に手ごたえがあり信念が確信に変わるものです。

よく晴れた朝のように大きな手ごたえを感じることもあるでしょうし、 小さい手ごたえがヤジロベエのように方向は間違ってはいないと示してくれることもあるでしょう。

「よく晴れた朝には時々 一人ぼっちにされちゃうから」という部分は、朝が来て自分以外の全ては前進しているのに、自分だけ取り残されているような焦りを表現していると解釈できます。

 

いつでも周りの景色の全てが笑ってくれる訳ではありません。

誰も行かない道を進んでいると、周りからは非難、やっかみの声という”雨”が浴びせられます。

挫折を味わって心新たにしようと前を向くけど、心のどこかにその挫折の雨でできた水たまりがわだかまっているようなモヤモヤ。

しかし、その雨が作った水たまりは、いつしか自分の信念の源であるお日様によってキラキラ輝いて見えてくるのです。

周りはみんな応援してくれるわけじゃないけど、自分は自分というスタンス。

それでもどうしても負けそうな時は、鞄の中にそっとしまってある傘が守ってくれます。

傘は、自分の夢を決めた時の強い思いなのだと思います。

 

歌詞の「あの日見た虹を探す」とは、過ぎ去った幸せや諦めかけた夢をもう一度取り戻したいという意味だと解釈できます。

「疑ってしまう時は 教えるよ あの時の心の色」の部分は、心が折れそうになった時は初めて夢を持った日の希望に満ちていた気持ちを自分が自分に教えよという意味だと思いました。

虹は幸せの象徴であると同時に、消えてしまう儚さも併せ持っていますね。

周りの声にも負けず、不安になりながらも前に進む今日の自分は、昨日の自分とは違っているはず。

様々な葛藤や挫折を感じながらも、夢に向かって進んでいこうとする様子が伝わってきます。

 

 

胸の奥 君がいる場所 ここでしか会えない瞳
ずっと変わらないままだから ほっとしたり たまに目を逸らしたり

思い出すと寂しいけど 思い出せないと寂しい事
忘れない事しか出来ない 夜を越えて 続く僕の旅

治らない古い傷は 無かったかのように隠す お日様が
昼間の星と同じだね 本当は キラキラ キラキラ
この街中に

歯磨きして顔洗って着替えたら いつもと同じ足で出かけようぜ
相変わらずの猫背でもいいよ 僕が僕を笑えるから

涙の砂 散らばる銀河の中 疲れた靴でどこまでだっていける
躓いて転んだ時は 教えるよ
起き方を知っている事

 

時に不安になりながらも、前に進んでいる状況なのだと思います。

「胸の奥 君がいる場所」は、閉まってある自分の信念であり、それを時々見つめ直している様子が浮かびます。

本当に自分の思いは正しいのか?

周りの声に押しつぶされて自分の信念を疑ってしまい、目を逸らしたくなることもありますが、 少しずつでも前進するには、自分を信じるしかありません。

夢は絶えず心の中にあって、夢を諦めていない自分にほっとしたり、時に辛い道のりに目を逸らしたりしながらも進んでいる感じでしょうか。

 

「夜を越えて 続く僕の旅」の部分は、今までの挫折や苦労を乗り越えながら、これからもずっと人生は続いていくという意味でしょう。

不安という「古い傷」は、結局は信念というお日様が隠してくれるのです。

特別なことをする必要はありません。

歯を磨いて顔を洗うように毎日同じことを淡々と、猫背なことを後ろめたく思わずとも、普段の自分のままで、昨日から今日へと歩みを止めないことが大事だということを伝えたいのだと思います。

 

履きつぶれて疲れてしまった靴では躓くこともありますが、歩き続けてきた自分はもう起き上がる術を知っているのです。

できるだけ遠くまで、信念というお日様が作る虹を目指して歩き続けます。

不安な気持ちを感じさせないような、非常に前向きな歌詞ですね。

 

 

まとめ

朝にふさわしい、本当に元気が出てくるような歌詞だと思います。

アップテンポな曲調にマッチした言葉のチョイスが、たまらなく輝いている楽曲です!

 

気になった方は是非チェックしてみてください!

最後までお読み頂き、ありがとうございます(^^)

RELATED POST